気象病

5月の中頃から調子の悪い方がグンと増えました。梅雨に入ったような気候による湿度と低気圧に反応している様です。もちろん自律神経が強い方は左右されることなくお過ごしだと思います。

この気候やお天気によって引き起こされる症状を気象病と言うのだそうです。自律神経の病です。

気圧が下がる前に酔い止めがいいとか、耳を温めたら良いとか色々言われていますが、一番いいのは自律神経そのものを強く整えるのが良いのです。

次の記事

6月の診療と休診New!!